上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011041703

GOPANを入手して以来、考えていた自家製酵母使用の米パン作り…試作3作目にして、ちょっと道筋が見えてきたわ。

SANYO・GOPANは家にあるお米で作れるホームベーカリー。
ライスブレッドクッカーっていうけど、それは置いておいて。
米を浸してから、内部に組み込んだミルを使い、ペースト状にし。
こねる段階で、グルテンとイーストを投入して、米に含まれないグルテン膜を形成して、発酵しても生地内にガスが溜まるようにする。
発酵させて、焼成。
通常、小麦使用だと、一度はガス抜きするけど、米パンを作る場合は、生地の復活が遅いので、ガス抜きはしない。

ドライイースト使用なので発酵力は安定して、ふんわりもっちりなパンが焼ける…んだけど。
自家製の酵母を使用して、うまく焼きたいと試作3度目。

GOPANで、米パン生地をこね。
その後、成形。
発酵させて、そのまま焼く。


試作3作目・材料

米      220㌘
ヨーグルト   50㌘
酵母液    420㌘(米+ヨーグルト+酵母液で)
砂糖      15㌘
塩      3.5㌘
スキムミルク  5㌘
ショートニング 10㌘
グルテン    50㌘
今回は、胚芽ロースト   5㌘

【米パン生地】スイッチで、パン生地を作成。
生地が完成したら、成形して、発酵。

バヌトンは持ってないので、ボウルのなかに蒸し布を敷いて、強力粉を振る。
その中へ入れて、室温一晩発酵。
2011041701
思ったほど、ふくらんでいないが…。

クープ入れ。
2011041702
クープ入れるなんて、何ヶ月ぶりだろう。

開始10分までは見てたんだけど…
2011041704
あまりふくらまないようなので、意気消沈し、ちょっと目を離した隙に…
焦げた…

しかも、焦げただけじゃなくって。
2011041705
…そう、下からもちあがったらしい。
米パンでもかわらない自家製酵母のふくらむ力。
すごいわ。

別角度より。
2011041706

焼成200℃-22分。

cut断面が衝撃的だった。
2011041707
…穴っぽこかいっ!と切った瞬間叫んだわよ。
これで中からとろーりとチーズが溶けて出てきてくれればいいのに。
何も入ってないのよね。

でも、大きな穴も。
2011041708
ちょっと小さく見える気泡たちも、一生懸命発酵してくれた自家製酵母の力と思えば。
愛しく思えるわよね。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村



↑のような蒸し布を敷いたの。
もっと粉を振ればよかったわ。

で、味は。
表面はこうばしいおせんべいみたいな感じ。
中身はもっちもち。
通常できるGOPANの米パンよりも2倍くらいその食感がある気がする。
GOPANの米食パンも皮はこうばしいし、もっちもちだけど、今回作ったカンパのほうが勝っているような。
でも、ふわふわ感は負けてるわね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bakebread.blog51.fc2.com/tb.php/204-1929438c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。