上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
形はいびつぎみだけど…
今日は、とっても気分がいいわよ~

標高は、15.5㌢。
ぐいっと伸びた釜伸びもステキなら、このごろ憂鬱ぎみだった気分も吹き飛んだ感じっ!

2010112301

丁寧に押したので、前々回・前回と不調だった焼印もきっちり押せたし。

今日の山は、ぎょうせんを使用。

《伊東水飴》ぎょうせん【620g】

《伊東水飴》ぎょうせん【620g】

価格:480円(税込、送料別)



ぎょうせんの由来は知らないけど、麦芽からできた水飴。
水飴の効果を調べるべく、山食の糖分にしてみたの。

だがしかしっ!

当然、パンの焼きたてはおいしいのでむしゃむしゃ食べて…
違いがよくわかんない。
しっとりしてるけど、粉のおかげと言えば、そんなような気も?
ふんわりしてるけど、それは焼き立てのおかげじゃ?

酵母は、ベジフル酵母。
お粉は、香麦。
砂糖は、なし。かわりに、ぎょうせん。
加水は、卵+牛乳。

今回は、仕込んだときにかなり水飴(ぎょうせん)が固かったので、牛乳を温めて、その温度で水飴をやわらかくしながら、こねる。

一次発酵は、一晩10時間。
スチ箱(お湯入りペットボトル)とごいっしょに。
二次発酵は、髪を切ってくる間。

そうそう、いつも幼馴染の床屋さんで髪を切ってくるんだけど、その幼馴染が居酒屋でこんな貼り紙を見たそうな。

「女は星の数ほどいるけれど、星は遠くて手が出せない」

そら、真理やな…と笑い合ったわ。

ま、そんなこんなで、二次発酵は5時間、室温。
今日は暖かかったから、ちょっと発酵も楽だったわ。

2010112302



にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村


今日のお粉。

あと1㌔㌘くらいしかないけど、年内はネットで買わない予定なので、近くのスーパーで間に合わせるつもり。
イーグルくらいしか売ってないんだけどねぇ。

ちなみに、前回気にしてたパン表面のボツボツだけど、今回はこんな感じ。
2010112303
ボツボツの大きさはそんなに変わらないけど、発酵の時間が違うのか、ボツボツの出現具合が違うみたい。

多分、長時間発酵のときは、ボツボツが強調しやすい?
短めのときは、ボツボツも控えめ?
焼き時間にも因るかもしれないけどねー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bakebread.blog51.fc2.com/tb.php/87-f9147407
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。